FX・株取引ローソク足の見方簡単に!株価分析予想・トレードできる?の記事です。

株とかFXはじめようという場合、まず気になるのは、価格推移のグラフチャートですよね!
その中に1本ずつ棒線がありますよね!この棒線の意味気になりますよね!
今回は、この棒線について簡単な説明と、株価、為替の値段の予想ができるのか、
トレードにどう活用するのか、長年サラリーマンの傍らで、
株・FXやってきて思うこと書きます。

 

Sponsored Link

 

FX・株取引ローソク足の見方簡単に!

ローソク足の見方を簡単に説明しますと以下になります。

 

日付 始値 高値 安値 終値
1月30日 100 120 90 110
1月31日 110 120 90 100

FX・株ともに基本的には同じです。
このローソクでは日足(1日の棒線1本で表してます)。
週足の場合は1週間を棒線1本で、月足の場合は1カ月を棒線1本で表します。
FXとかでは、15分足とかよく使います。

この棒線実にうまく表現されてると思います。
この一本見るだけで、その日どういう動きしたのか、大まかにつかめます。

白いローソクが陽線 : 始値より終値が高い場合です。
黒いローソクが陰線 : 始値より終値が低い場合です。

このローソク足が並んでチャートになります。(価格推移折れ線グラフ)
FX・株始める場合は、これぐらいは知っておいた方が便利です。
ローソクの見方としては、これでOKです。

 

株価分析予想・トレードできる?

このローソク足を並べるとチャートになります。
そのチャートとローソクを研究して株価・為替価格が予想できるか?
というと、個人的には分けわからん。。です。

徹底分析したい場合は以下のような本があります。

相場に勝つローソク足チャートの読み方

この手の本は、私が株で血眼になっていたころひたすら読みあさってました。
でも、実践で使えるの?分析して予想たててトレードできるようになったの?
と振り返ると、まったくなりません。。

勉強にはなりますが、勝てるようにはならないと思います。

 

徹底分析・研究すると

結構使えそうで、ローソクの並びのパターンを研究したくなります。
なかなか、面白いですが、実践では使えないです。
例えば上髭とかわかり易しく、そろそろ上昇トレンドピークかな?とか、
下落基調の中、下髭のローソクが現れたから、そろそろ反転かな?等
結構使えそうな、パターンもあるのですが、それを分かっても、
その通りトレードしないんです。人間は。

デイトレの場合は、1分足とかで、このローソクの並びから、自分なりの
鉄板パターンみたいなのを持ってやってるのかもしれませんが、
サラリーマンの傍らレベルでは、あまり実践には使えないですね。
むしろ、研究すればするほど、カオスになっていくと思います。

想像ですが、デイトレは、この辺のローソク足の動きで鉄板パターン見切って
直感的にパチパチ処理していくんだと思います。
サラリーマンが仕事中にそんなことできないですよね。
なので、基本的な見方だけ知っておけば十分かと思います。
このローソク+チャートを研究しだすと泥沼に嵌っていくと思います。

 

Sponsored Link

 

まとめ

FX・株取引ローソク足の見方簡単に!株価分析予想・トレードできる?まとめ

■FX・株取引ローソク足の見方簡単に!
⇒陽線、陰線の見方ぐらい覚えておけばOK

■株価分析予想・トレードできる?
⇒使えそうで使えない。

■徹底分析・研究すると
⇒カオスになる。

これの分析して、例えば下降トレンド、移動平均線から何%乖離、
さらに、下髭のローソク出現!仕込み時だ!という風に使えるかもしれませんが、
それを、感情・煩悩が絡みまくる人間の裁量取引では、徹底実行できません。
なので検証も再現もできない。

なので、こういうテクニカルな勉強をして、自動売買のロジックの
パラメータの設定に活用する!
というのであれば、使える部分もあるかと思います。

ただし私の体験では、ローソク足とかチャートとか、研究してパラメーター
振りまくってロジック設定しても、カーブフィッティング(ある期間だけ絶好調)
になるだけでした。
これにはまると、とにかく極端なカーブフィッティングしたEA(ロジック)を
作ることに、嵌り込んでしまいます。
ある期間だけは、壮絶に素晴らしいパフォーマンをはじき出しますが、
相場のうねり具合が変わると、一気にガタガタになるというEAを作り上げることに
なることが多いです。

実際、私はこれに嵌りました。なんだか行けそうな気がするんですね。
でも、これを追及しても究極のロジックには辿り着きませんでした。
これらを全部取っ払ったほうが、近道でした。
それの辺の内容は長くなりますので、また別途記事あげますね!

 

 

Sponsored Link