FX自動売買MT4の最強EAはどれ?って思いますよね!

私はこの答えを追い求めて、泥沼に嵌りました。

膨大な時間、膨大な軍資金、血と汗と涙を全力投球して辿り着いたのはズバリ、

ナンピン型です!

評判は悪いですが、株時代から合わせると20年近く彷徨って、最終的に使い続けてるのは、このナンピン型です。

もちろん、弱点もありますが、対策方法もあります。

今回は、なぜナンピン型が最強EAと思うのか、その理由についてお届けします。

 

Sponsored Link

 

FX自動売買MT4の最強EAはどれ?評判悪いがナンピン(グリッド)型!

FX自動売買MT4の最強EAはどれ?

この一言に対しての答えを見つけるのに、どれだけの血みどろを味わったことか。。

私は株で血みどろ10年、さらにFX自動売買に切り替えてからも10年近く、血みどろライフを続けました!

ほったらかしで稼いでくれる、究極のロジック!

これをひたすら追い続けていました。

ズバリ、それはまだないです。。

ネット上にあふれかえっている、数え切れない、聞こえのいい売り文句のEAの数々。。

買っては試し、買っては試しをひたすら繰り返す、でもダメ。

次に自分で、FX自動売買の究極のEAロジックを突き止めるべく、難解なパラメーターをこねくり回し、最適化、バックテスト、即実践投入(フォワードテストはだるいのですっとばし!)

これをひたすら繰り返していれば、必ずたどり着けると思ってました。

しかし、たどり着けないのです。難解なパラメーターこねくり回せば回すほどカオスになっていきました。

その難解な追求をやめたところ、やっとたどり着けました。

最終的にたどり着いたのはナンピン型(グリッド)です!

ナンピン型はマーチンのイメージが強く、すぐに飛ぶという感じで、あまり評判は良くないと思いますが、私が結局使い続けてるのは、マーチンをマイルドにしたグリッドタイプのナンピン型です。

そんなしょうもないもんじゃないだろう!って言われそうですが、結局のところ、一番簡単で勝ちやすいです。その辺の説明をしますね。

 

 

ひたすら最強EAロジックを追い求めて感じたこと

最終的に感じたのは、相場に合わせて、EAロジックを使い分ける必要があるという事です。

相場は大きく分けて、横這いのBOX相場、大きな波のトレンド相場、この2種類があります。

BOX相場であれば逆張り型のEAロジックを使えば、優秀なパフォーマンスをたたき出します。しかし、トレンド相場ではズタボロになります。順張り型はその逆です。

つまり、EAロジックもいろんな種類があるように見えて、基本的には、以下2種類です。

・BOX相場に最適化された逆張り型。

・トレンド相場に最適化された順張り型。

この2種類のEAロジックはトレードオフになるのです。それが極めて厄介なのです。

なので、相場に応じて、この2種類のEAロジックを使い分ける必要があります。

しかし、その相場に応じて。。。っていうのが振り返ってわかるものであって、そんなに器用に使い分けることなんてできません。

今、話題の人口知能AIがもっと一般的な物になって、この辺の相場の波を予測して、自らのパラメーターを自動で切り替えていくような物が出てくれば、本当の最強ロジックができるかもしれません。

しかし、今の一般的なMT4でのEAではここまでは出来ません。

あくまでも、決められた、ルールに沿ってひたすらそれを繰り返すだけです。

自ら自分のルール設定を可変させることができるものはないです。

それに近いことをさせるには、この相反するロジックを同時に走らせるなどの、ポートフォリオを組んで、調子の悪い方を止める等の対応が必要ですし、その止める判断が裁量になってしまいますね。。

または、それなりのフィルターで波の小さい時だけ、または波の大きい時だけ動くような設定にするかです。これもイマイチうまく機能しないというかわかりにくいです。

 

 

逆張りでも順張りでもない3つ目の考え方

動画①

という訳で、順張り型、逆張り型、それぞれをいくら追求しても、血みどろ!

と感じた私は途方にくれましたが、順張り、逆張り、関係なし、小難しいエントリーのパラメーターこねくり回しも不要という考え方に出会いました!

ズバリ、ナンピン型です!

上のバックテストのように、ナンピン入れて、買いコスト平均上回ったら刈り取り決裁!
これを繰り返すだけです。

ナンピン型にがマーチンゲール・グリッド・トラリピがあります。

ナンピン型と聞くとすぐにぶっ飛んでしまうイメージありますよね!それは、マーチン型です。ナンピン毎に倍がけしていく物です。

これは、ちょっとした、一方通行相場ですぐに飛んでしまう可能性があります。

しかし、グリッド、トラリピ型で倍がけせずに、一定の投入ロットでじっくりやれば、すぐに飛んだりしません。

マーチンでも、軍資金がいくらでもあれば問題ありません。

要は、ナンピン型は相場の波を逆張り型、順張り型のようにエントリータイミングを血眼になって気にしなくていいのです。エントリーもどこでもいいのです。

もちろん逆張りのエントリータイミングを掛け合わせれば、さらにいいものになりそうですが、なくてもいいと思います。

気にするのは、証拠金維持率だけでいいのです。

 

 

ナンピン型EAロジックの弱点は?

動画②

ナンピン型の弱点は、大きなトレンド、極端な一方通行相場はまずいです。

それは、相場反転で刈り取る前に、軍資金がぶっ飛んでしまうからです。気を付けなければいけないのは、そこだけなのです。

ここが由一の弱点です。

この弱点だけ注意すればいいので、実に簡単でわかり安いのです。

要は、自分の軍資金の安全マージンを維持しながら、投入ロットを決めてやればいいのです。

こので少し人間の感情と煩悩が邪魔をしてきます。

ナンピン型を安全マージン取りながら運用すると、全く危なげなく、勝ち続けることが多いのです。ここで、利益の積み上げペースをもっと上げようぜ!と煩悩が囁いてきます。

このささやきは、完全に無視して、ひたすら安全マージンを確保しながら運用すれば、退屈ななぐらい、ひたすら稼いでくれます。

軍資金が増えるたびに、投入ロットを上げていけば、俗にいう複利パワーで壮絶なパフォーマンスとたたき出します。

動画②のような二字曲線の資産積み上げになります。

 

 

ナンピン型の弱点の対策は?

ナンピン型の弱点である極端な一方通行相場(強烈なトレンド発生時)の対策としては、それを見越した、安全マージンを取っておけばいいという事です。

例えば過去に一番暴れたであろう相場と言えば、リーマンショックですよね!

その相場の時に、自分の軍資金で、ナンピン間隔、ナンピン数、投入ロットがどこまで行けたかをバックテストで確認しておけばいいのです。

つまり、それを安全マージンとして、運用していけば、リーマンショックを超える、荒れ相場が来ない限り、大丈夫という事になります。

ただし、これでは、普段だるいのです。

だるくてもOKであればまったく問題なしです。それが一番です。

しかし、煩悩がどうしても。。もっとペース上げようぜ!と囁いてきます。

そこで、このだるい時間も有効に活用する方法があります。

だるい時間というのは動画①の1分17秒~1分42秒の状態です。

ひたすらナンピン入れて、反転(ナンピン平均コスト<含み益)の状態にならないでいますよね。これがだるいのです。

 

だるい局面をどうするか?

①このだるい時間も気にならない場合は、放置でOK!

資産積み上げ曲線は以下のようになります。

資産積み上げ曲線は緩やかで決裁時に含み損も消えます。

 

 

これでも、じっくりやって、複利パワー使って行けば、二字曲線の資産積み上げとなります。

 

②時間がもったいないない!もっとガツガツ稼ぎたい!という場合は、

両建てで反対側のロジックを走らせればいいのす。

つまり、売りだけのナンピン型と買いだけのナンピン型を同時に走らせておけば、いいのです。

こうすれば、だるい時期も、時間を無駄にせず、反対側のロジックがひたすら利益積み上げてくれます。

反転すれば、今度は逆ですね!

両建てなので、必ず、含み損はある状態になりますが、ひたすらこれを続けていけば、知らぬ間に稼いでるという状態になります。

つまり、利益積み上げ額>含み損という状態になります。

これが、だるい時間も有効に凌げる方法です。

イメージは、資産積み上げ曲線が両方で積み上げていきますのでペースアップできます。

ただし常に含み損がある状態です。

 

 

かなりやばい時はどうする。

さらに、ガンガン願わない方向に相場が加速していき、かなりやばい局面のときはどうする。

自分の軍資金がしょぼい時に、安全マージンを危険なラインで走らせるとこういう局面結構あります。

これはナンピン型でついついやりがちなことです。それは軍資金がしょぼい間は、利益積み上げペースが遅いからです。

つい、安全マージンを無視して、危険なレベルで走らせ、飛びそうな状況に陥ったときの対応方法としては、ずばり自動売買を止めます。

それ以上ナンピンを入れるのはやめて、反転をひたすら待つのです。または、手動でナンピンを入れていく!

私は軍資金がしょぼいので、結構これをやってます。

スキャルピングみたいに、血眼になってチャートに張り付く必要もなく、余剰所拠金だけをみて、手動でナンピンを入れていくだけなので、ゆったりとできますし、粘れます。

粘っていると、いつのまにやら、反転して無事刈り取りということが多々あります。

いざ、という時はこの方法使ってくださいね!

 

さらにやばい局面

ヤバくなって、ナンピン入れるのを止めても、まだまだ相場が反転しない。。

いよいよやばい!という時は、援軍を送りましょう!

これはクレジットカードで即投入できるよう、普段から、いざという時に備え、いつでも投入できる状態にしておきましょう!

 

どれがいいの!

ゴチャゴチャ講釈もういいから、どれがいいの?って感じですよね!

私が今、実際に使っているEAを紹介したいのですが、残念ながら、とても古く、すでに販売されていません。。

なぜか、いいものほど、いつのまにか販売しなくなったりします。。

なので、代わりになるようなEAロジックがないか、探してましたがなかなか見つからず。

やっと発見しました!

 

ズバリこれです。

安いし、単純でわかり易い!これが一番です!

今回の記事で説明したことをいとも簡単にできます!

 

これもいいですね!盾刻とは刈り取り決裁方法が違います。

こちらの千刻は、盾刻と違って一本づつ決裁していきます。

盾刻はナンピン平均<含み益で一括決済です。

 

個人的には、一括決済が気持ちいいので盾刻の方が好きです!

この辺は、好みの世界ですね。

販売されなくなることもよくあることなので、その前にゲットしておきましょう!

 

 

私はナンピン(グリッド)型を以下の状態で走らせてます。

・通貨ペア:AUD/NZD(トランプとかユーロとかでイチイチ暴れない地味な動きが重要)

・ナンピン幅:5pips

・ナンピン数:60本(軍資金に余裕あれば無制限でもいい)
(やばくなったら止めて手動、潤沢に軍資金あれば放置でOK)

 

稼ぐペースはどのくらい?

稼ぐペースはどの程度かと言いますと、私の場合1年で50万円が97万円になりました。

1年で約2倍ですね!FXをやってる人からすると大したパフォーマンスでないと感じると思います。私も、もっと強烈なパフォーマンを求めてました。

しかし、強烈な物を追いかければ追いかける程、強烈にカーブフィッティングさせた物をつかまされるオチになります。相場の流れが変わると一機にズタボロになるパターンです。

しかし、安全マージンを確保しつつ、軍資金の増加に合わせ投入ロットを上げていけばいいのです。

そうすると

1年目 50万円が100万円

2年目 100万円が200万円

3年目 200万円が400万円

というイメージで壮絶な資産増加となります。
(毎年同様のペースとは限りませんが。。)

動画②が、そのバックテストの資産曲線推移です。

残念ながら私の場合は日々の生活費に追われ、50万円を97万円にしても、それを引き出さないと、目先の生活費が回せないので、複利パワー炸裂まで、なかなか持っていけないので歯がゆい思いをしています。

遊んでる軍資金が潤沢にある場合は、是非このロジックを気長に試してみてくださいね!

 

 

自動売買・ナンピン(グリッド)型にすると!

サラリーマンの傍らレベルでやる、通常の裁量取引でやるような株取引で勝ち組になるのは難しいです。私は10年株をやって撤退しました。

それはたまたま勝つことがあっても、人間の感情・煩悩むき出しの取引では、次の勝負でその勝てた方法を再現することができないからです。

FX自動売買、ナンピン(グリッド)型をやる様になって、ようやく目指すべき形になったと思います。

 

自動売買にすると!

・人間の感情・煩悩不要!イチイチ邪魔されず悩まない。

・トランプ、北朝鮮、選挙、ファンダメンタルが気になって眠れないという状態からの解放

・移動平均線、RSI、ローソク足がどうのこうの小難しいテクニカルも無視。

・24時間ほったらかし
(ちゃんと動いてるか、いくら稼いでるかたまにチェックする程度)

・設定したルールを何一つ文句言わずに機械的に処理するので勝利の方程式を再現できる。

・仕事中もチャートが気になってしかたないという事から解き放たれる。

・東芝のように株主総会に行って、文句言わないと気が済まない!という事態に陥らない。

 

ナンピン(グリッド)型にすると!

・小難しいパラメーターこねくる回さなくてOK

・相場に合わせて、パラメーターの設定やり直しとか不要。

・逆張り、順張りロジックの使い分けとかも不要。

・スキャルピンのように血眼になってチャートに張り付かなくてもOK

・わかり易く、ゆったり取引できる。

・まさかのリーマンを超えるような局面がきても、対処しやすい。

・証拠金維持率だけ気にすればいいので、極めて楽!

 

自動売買ナンピン型のデメリット

・ひたすら淡々と勝つのでハラハラドキドキがなく、退屈。

・安全マージンを超える全部飛ぶ。
(弱点の対策方法でなんとか凌ぐ!軍資金に余裕ができて来たら、別通貨で口座も別で作って、分散してもいいですね!)

 

 

Sponsored Link

 

 

まとめ

今回は『FX自動売買MT4の最強EAはどれ?評判悪いがナンピン型!弱点と対策は?』についてお届けしました。

まとめます。

■FX自動売買MT4の最強EAはどれ?
⇒ナンピン型

■ひたすら最強EAロジックを追い求めて感じたこと
⇒逆張り型、順張り型を追及してもたどり着けない。

■逆張りでも順張りでもない3つ目の考え方
⇒ナンピン型が楽

■ナンピン型EAロジックの弱点は?
⇒長い含み損の時期がだるい。

■ナンピン型の弱点の対策は?
⇒両建て

■どれがいいの!
盾刻

■自動売買・ナンピン(グリッド)型にすると!
⇒弱点ももちろんあるが、メリット多数!

■稼ぐペースはどのくらい?
⇒ザックリ1年で倍

 

FX自動売買MT4の最強EAはどれ?如何でしたでしょうか。これは簡単に見つかりそうで、なかなかたどり着けないです。

私は最終的にナンピン型に落ち着きました。

今後AIが一般的になって、自ら設定を可変させていくようなものが出てくるかもしれませんが、今時点では、ナンピン型が一番わかり易く、勝ちやすいです。

 

☆★血みどろ体験談もどうぞ★☆

関連記事:FX・株取引で破産寸前!大損や失敗の体験談まとめ!借金地獄で大車輪

関連記事:自動売買必須ツール

株・FXの血みどろ体験談から最終的にFX自動売買に辿り着いた経緯とFX自動売買の具体的なやり方です。

 

このサイト『FX逆襲のアラフォー』では、FX自動売買で稼ぐ方法を説明していきますので、興味があれば覗いてくださいね!

最終的な投資判断は自己責任でお願いします!一応お決まりの文言書いてますが、私の株での血みどろ体験からの感想・FX自動売買のやり方が参考になれば幸いです。

 

 

 

 

Sponsored Link