UMNファーマが倒産寸前から打開できる可能性はあるのか気になります。

また、株価は今後いつ回復するのかも気になります。

東芝が毎日お祭り騒ぎですが、地味にUMNがデンジャーです。

株価は安値横這いでしばらく推移してましたが、4月に突入したとたんストップ安で安値加速してます。

いったいUMNファーマに何があったのでしょうか。

調べてみた感想です。

 

Sponsored Link

 

 

UMNファーマってどんな会社?

米国から導入した独自技術を有する創薬ベンチャー。

バイオ医薬品を開発。小規模受託製造も!という会社です。

マザーズに2012年12月11日に上場してますね!

とても若い会社です!こういう会社には是非頑張ってもらいたいのですが、なんだが株価が不穏な動きをしています。

一体なにがおこっているのでしょう。。

 

UMNファーマが倒産寸前から打開できる可能性は?

UMNファーマに何がおこっているのか、細かい内容はこちらです、

債務超過の猶予期間入り

 

ザックリ言いますと。

債務超過の猶予期間入りしました!

という事だそうです。。。

2017年3月31日

当社は、本日、有価証券報告書を提出し、平成 28 年 12 月期において、債務超過となったことから、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となりましたので、お知らせいたします!

ってサラッと書いてるけど。。

株主からすると頭にきますね!

 

■債務超過に至った経緯

アステラス製薬株式会社より、細胞培養インフルエンザワクチン共同事業契約の解約権を行使する旨の申し入れを受け、当社の収益基盤の重要な柱の1つでありました国内インフルエンザワクチン供給事業が困難となったことに伴い、当連結会計年度末純資産が 10,920 百万円の債務超過となりました。

つまり、あてにしていた柱の事業がうまくいかなかったようです。。

 

■今後の見通し

グループ体制の再編により、債務超過の主な原因であった UNIGEN を事業譲渡し非連結化することで対応。

東芝の原発リスク遮断みたいな感じですね。

今後においても当社単体として債務超過に陥ることを回避するとともに、中長期的な経営基盤の安定のために、既存自社開発パイプラインの再構築を図り、新規シーズの探索・導入を進め、改めて製薬企業等との提携による収益獲得を目指す!

ここが心配ですね。当てにしていた事業があてにならなくなって、次の稼ぎ頭がすぐに回り出すのかが、まだ見えないですね。。

債務超過を回避しなからが稼ぎ頭を育てる、非常に大変な状況だと思います。上手く、打開できると信じたいですね。

 

 

UMNファーマの株価は今後いつ回復するの?

直近一年のチャートです。2017年の年明けに急落してます。

UMNファーマの株価は今後いつ回復するの?はわかりません。

これは、稼ぎ頭の事業がうまくいかない見通しとなって、暴落したと思われます。

その後ジリジリ安値横這いで踏ん張っていたが、3月31日の債務超過の猶予期間入りしました!の発表で下落が加速して4月3日ストップ安という事ですね!

つまりマーケットは今後の見通し、いまのところ期待できないという事のようですね。非常に厳しい状況です。

なにか起死回生のサプライズが出てくることを祈りたいですね!

 

この局面、株を持っていたらどうする?

もちろん、こんな危なっかしい銘柄を新規で買うという事はやめておいた方がいいですが、問題はすでに、もってる場合ですね。

損切りでも目をつぶって処理するのがいいと思います。

その方が精神衛生上もいいですし、残存軍資金をもっと有効なところに回して頑張ってもらう方がいいと思います。

とか言われても、損切ってなかなかできないですよね!

それが人間なのですね!サラリーマンの傍らレベルでの株の裁量取引で勝つのは、本当にむずかしいと思います、私も長年やりましたが、最終的には撤退して、FX自動売買に切り替えました。

株をもっているとこの手のニュースが、いちいち気になります。

朝から晩までひたすら、ニュースを追いかけます。仕事中も株価更新ボタンを押しまくりですね!しかし、この行動をしても、株ってあがらないです。。疲れるだけです。

私は、この行動はやってましたが、これは自分の持ってる銘柄は大丈夫だ!という事を必死になって探してるだけで、勝てるようにはなりませんでした。

多少経済のうんちくは付きますが本当に疲弊するだけです。

なので、目をつぶって、損切して、この銘柄のことは記憶から抹消しましょう!

もちろん、売ったとたんに急反発して悔しい!というパターンもあるかもしれないので塩漬け決め込む!という作戦もありますが、そういうのを期待する投資スタイルでは、今後勝ち組になれるとは思えません。

サクッとFX自動売買に切り替えるのがいいと思います。FXなんぞもっと危ない絶対やらん!という場合は株の新規公開株IPO狙い作戦がいいと思います。

IPO狙いは抽選でゲットして初値で売る!これを繰り返すだけです。
(抽選で当てるのがむずかしいのですが。。)

共に、ブレまくる人間の感情・煩悩が不要なので、機械的に処理できるので疲れませんし、勝ちやすいです!

 

 

Sponsored Link

 

 

この局面、FX自動売買の場合は

FX自動売買の場合は、ひたすらナンピンで追いかけます!

これはFXだから取れる作戦です!

今のUMNには絶望的にお勧めしない手法です。しかし、FX自動売買なら、普通にできるのです。

それはFXは投資対象が通貨だからです。株の場合は投資対象が企業、つまり飛ぶ可能性があるのです。通貨も国が飛ぶという可能性も無きにしもあらずですが、UMNと比べるとどっちが安心かは比較にならないですよね。

だから、ナンピンを全力で出来るのです。

しかもレバレッジが使えます。FXをしらない人はこのレバレッジが危険だと勘違いしていまいがちですが、レバレッジが使えるので、何本ものナンピンを入れられるのです。

説明すると長くなりますので、簡単に言いますと、例えばレバレッジ100倍使えるとすると、ザックリ1本の玉を建てる軍資金で100本の玉を建てることができるのです。

つまり、1本の軍資金で100本分散して玉を建てることができるので、今回のような右肩下がりの局面でも、ガンガンナンピンで追いかけ、買いコストを下げ、吹き値で逃げ切るという事が出来るのです。しかも自動で!

上の動画は、その一連の動きのバックテストの様子です。

上の折れ線がチャートです。チャートの動きに対して、ロジックがどう仕掛けてるのかわかりますね。下の折れ線グラフが資産積み上げ推移です。

ナンピン刈り取りの繰り返しで資産がどんどん積み上げっていく様子がわかりますね!

でもこれは、結構地味な勝ち方なので、軍資金が少ない間はだるいと感じると思います。

しかし、軍資金が増えるにつれて、安全マージンを確保しつつ、投入ロットを上げていけばとんでもないことになります。俗にいう複利パワーです!

株のように単発で大きく勝っても、次の勝負で塩漬け、大負けとかしていたら、トータル収支で負けてる状態とか日常茶飯事です。

FX自動売買の勝てるロジックで地味でも勝ちパターンを繰り返して、複利パワーで加速させていくのがいいと思います!

以下がその作戦!勝てるロジックで複利パワーを活用していった場合の資産積み上げ推移です。

上の折れ線が、資産積み上げ曲線です。下の棒グラフが投入ロット(掛け金)です。

資産の増加に合わせ、投入ロットを上げていくことで、壮絶な複利パワーとなっていることが分かりますね!

 

☆★血みどろ体験談もどうぞ★☆

関連記事:FX・株取引で破産寸前!大損や失敗の体験談まとめ!借金地獄で大車輪

関連記事:自動売買必須ツール

株・FXの血みどろ体験談から最終的にFX自動売買に辿り着いた経緯とFX自動売買の具体的なやり方です。

 

 

まとめ

今回は『UMNファーマが倒産寸前から打開できる可能性は?株価は今後いつ回復するの』についてお届けしました!

まとめます。

■UMNファーマってどんな会社?
⇒マザーズ上場の若い会社です。

■UMNファーマが倒産寸前から打開できる可能性は?
⇒わかりません。マーケットは期待できないと取ったようですね。。

■UMNファーマの株価は今後いつ回復するの?
⇒わかりません。アクロバットなサプライズが欲しいです。

■この局面、株を持っていたらどうする?
⇒目をつぶって損切がいいと思います。

■この局面、FX自動売買の場合は
⇒ガンガンナンピン、吹き値で逃げ切り!

UMNファーマのような若い会社には是非とも頑張って、凌いでほしいです!なんとか新しい柱を見つけて頑張ってもらいたい!

しかし、応援する気持ちと株の処理は別にやれるようになりたいですね。

 

このサイト『FX逆襲のアラフォー』では、FX自動売買で稼ぐ方法を説明していきますので、興味があれば覗いてくださいね!

最終的な投資判断は自己責任でお願いします!一応お決まりの文言書いてますが、私の株での血みどろ体験からの感想・FX自動売買のやり方が参考になれば幸いです。

 

 

Sponsored Link