トランプ大統領!なぜ中国と日本を為替操作国に?認定基準は?意味不明の記事です。

トランプ大統領相変わらず騒がしいです。
毎日にぎわうのはいいのですが、たまに、日本にもジャブが入るのがややこしい。
トヨタめがけて、ツイッターでつぶやくし、トヨタもめんどくさい相手しないといけない。
かと思ったら、今回は、日本の為替政策に何か物言いしだしたようだ。

これは、ちょっと厄介かも。気になりましたので、調べた感想です。

 

トランプ大統領!なぜ中国と日本を為替操作国に?

トランプが1月31日、日本の為替政策を円安誘導と批判したようです。
巨額の対米貿易黒字を抱える中国だけでなく、
日本も「為替操作国」に認定される懸念があるようです。
トランプ氏は中国製品に45%の関税を課すと報復措置を予告しており、
日本も標的になりかねない。という状態のようです。厄介ですね!

中国の用に45%も関税かけられたら、日本製品売れないですよね。。
思いつきなのか、計算づくなのか、よくわからんが、
次から次へ物議をかもすこと言い出すトランプはめんどくさいですね。
トランプは選挙戦での公約の実行に全力投球のようです。
めんどくさいですが、この公約を掲げた人間が当選したので、
その公約実行に全力投球する姿は、ある意味まともですね。

アメリカでが、ニュース見てると、デモ等でゴタゴタあるようですが、
そもそも、なぜ当選できたのか不思議です。。
トランプからすれば、選挙で支持されて大統領になった!
公約実行、全力投球するぜ!っていうのは、おかしくない話。。
なので、アメリカ最優先の全力投球なので当然、
貿易にもメスを入れてくるのでしょう。

 

為替操作国の認定基準は?意味不明

日本からすれば、意味不明なむちゃぶり勘弁しって思います。

為替操作国の認定基準は
■巨額の対米貿易黒字
■大幅な経常収支黒字
■外国為替市場での持続的で一方的な介入

貿易相手国が、この3つの全てに合致すれば為替操作国と認定するそうです。
その上で、通貨政策の見直しを求めるとのこと。。
従わなければ、報復関税の対象にもなり得るようです。
中国と日本はこの為替操作国“予備軍”だそうです。。

中国は、どうなのかしらないですが、日本は少なくとも、
持続的で一方的な介入は、やってないはず!
なぜ、予備軍なの?

2月10日には、日部首脳会談も予定されており、
その前にいろいろジャブ入れてきそうですね。
めんどくさいネタで先制攻撃して、これ勘弁したるから、
こっちよろしく!という作戦なのかもしれないですね。
めんどくさい!

 

今後の為替・株価への影響は?

このジャブの影響なのか、円高がジリジリ進んでます。
日経平均も上昇トレンドに行きそうで行かない感じになってます。。
このパターンが一番嫌ですね。

実態経済はさておき、アベノミクスで、ゆっくり、ゆっくり日経平均も上げってたのに、
一気に円高、日経平均腰砕け!このシナリオだけは、なんとか回避してほしい。
トランプに振り回されて、デフレスパイラルに逆噴射になったら、
たまったもんじゃないです。

 

まとめ

トランプ大統領!なぜ中国と日本を為替操作国に?認定基準は?まとめ

■トランプ大統領!なぜ中国と日本を為替操作国に?
⇒トランプは公約、アメリカ最優先に全力投球!

■為替操作国の認定基準は?意味不明
⇒アメリカ不利はだめ!

■今後の為替・株価への影響は?
⇒円高、株安が心配。

もし、今株を持っていたら、もう頼むから、トランプいらん事、言うな!
って思っちゃいます。円高は日本景気への影響が大きいです。
影響を受ける企業が多いです。
株、持ってたらトランプのゴタゴタは本当腹立たしいと思います。

なので、やはり自動売買がいいですね!
FXであれば自動売買できます。
トランプのゴタゴタもフラットな気持ちで見れます。
あまりにも、急激な動きはさすがに、やばいですが、
直近のゴタゴタレベルは、無視でOK!

リーマンショック、9.11、EU離脱レベルの騒ぎ以外は放置でOK。
夜中にトランプ分けわからん事、言い出しても、チャートの動きに合わせて、
自動で売買処理してくれます!
人間の感情徹底排除できますので、非常に楽です!
イチイチ、トランプのいう事、気にしてたら疲れます!

 

Sponsored Link