東芝への新規融資ついにやめるのか?三菱UFJ、東芝を要管理先に格下げ=新規融資、難しく。という文字が目に飛び込んできました。

ついに来たのかという感じと、ここまでよく融資してきたものだという感じが入り混じります。

一番怖いのが、これが引き金になって、銀行団の引き上げ合戦が始まらないかという事。

貧乏くじを引く銀行はどこ?状態になると。。

今回は東芝への新規融資やめ?UFJが格下げ!についてお届けします。

 

Sponsored Link

 

東芝への新規融資やめ?UFJの格下げで貧乏くじを引く銀行はどこ?

爽やかな5月連休の真っ只中、東証もお休み。

相場の動いていない、連休ってなんだかのんびりで平和モード。

直近お騒がせしていた東芝も連休中だけでも平和に過ごせてるのかな?と思いきや。。

三菱UFJ、東芝を要管理先に格下げ=新規融資、難しく。

が飛び込んできました。

一体どういうことなのか内容は?

三菱UFJフィナンシャル・グループが、経営再建中の東芝向け融資の扱いを「要管理先」に格下げ!既存融資は継続できるが、貸し出しを回収できない場合に備える多額の貸倒引当金計上が必要になるため、新規融資は難しくなる。

普通に客観的に見て、むしろ遅い判断と思う。。

傘下の三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行はメインバンクに次ぐ大口!東芝に融資している銀行団の中で、貸出債権の分類を要管理先としたことが判明したのは初めてだ。

融資大口2番手が、要管理先に!という事は、怖いですね。。われ先合戦で銀行団の撤収が始まるかもしれないですね。

メインバンクはどうすか知りませんが、地銀各行は一斉にババ抜きさせられてたまるか!状態にならないことを祈ります。

 

 

 

 

 

要管理先ってなに?

金融機関は融資先企業を、「正常先」「要注意先」「破綻懸念先」「実質破綻先」「破綻先」に格付けするようです。

①正常先
②要注意
(要管理先)←今回ここ
③破綻懸念先
④実質破綻先
⑤破綻先

「要管理先」とは「要注意先」のなかに分類され、要管理先に区分されると引当金の負担が要注意先と比べて重くなるため、 銀行は追加融資を断る、担保の追加や金利引き上げを求めることがあるようです。

こうやってみると、あれだけ前代未聞のハチャメチャ決算の荒業を繰り出す東芝を今の今まで、正常先としていたのか?って思います。。

判断が遅すぎないかと思うが、そこにはいろいろな事情があるのでしょう。。東証も銀行団もいろんな忖度があるのかな。。

まともな決算出せないって。。大手でなければとっくにあれしてる状態でしょう。。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『東芝への新規融資やめ?UFJが格下げ・貧乏くじを引く銀行はどこ?』についていお届けしました。

まとめます。

■東芝への新規融資やめ?UFJの格下げで貧乏くじを引く銀行はどこ?
⇒メインバンクに泣いてもらうしか。。

■要管理先ってなに?
⇒新規融資がつらい。

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事;東芝が適正のない決算見通しを記者会見で説明?上場廃止はどうなるの?

関連記事:東芝の決算発表4月11日再延期有るの?できない理由は・いつできるの?

関連記事:東芝が管理指定銘柄に★上場廃止になると株価や社員はどうなるの?

関連記事:東芝決算発表での社長の記者会見内容!上場廃止の可能性は東証が判断!

関連記事:東芝が監査法人変更を検討☆どこが受けるの?中堅の準大手が候補なの?

東芝関連の記事です!

 

普通に客観的にみて遅すぎる判断と思います。

大手という事でいろんな事情があるのでしょうが、あまり東証のルールとか資本主義の図式が崩れるような状態にまで無理してひっぱるのはどうかなと思います。

銀行もそれぞれの株主がいるわけですし、自分ところにも飛び火してきたらたまったもんじゃないですよね。

ここから銀行団のババ抜き合戦が始まらないか、連休明けが心配です。。

 

☆★血みどろ体験談もどうぞ★☆

関連記事:FX・株取引で破産寸前!大損や失敗の体験談まとめ!借金地獄で大車輪

関連記事:自動売買必須ツール

株・FXの血みどろ体験談から最終的にFX自動売買に辿り着いた経緯とFX自動売買の具体的なやり方です。

 

このサイト『FX逆襲のアラフォー』では、FX自動売買で稼ぐ方法を説明していきますので、興味があれば覗いてくださいね!

最終的な投資判断は自己責任でお願いします!一応お決まりの文言書いてますが、私の株での血みどろ体験からの感想・FX自動売買のやり方が参考になれば幸いです。

 

 

 

Sponsored Link