東芝!原発・不正会計発覚はいつ?株主はだまされた気分?2017年の株価は?の記事です。

東芝、トランプに負けないぐらい騒がしいです。。
いったい何がおこってるのでしょうか?
アメリカの原発事業で巨大損失が明らかになって大騒ぎになってますが、
今度は不正会計損害!信託銀が提訴へ!というニュースが。。
確かに、株主からしたら、こういう気持ちにもなっちゃいます。

気になりましたので、調べてみた感想です。

 

Sponsored Link

 

東芝!原発・不正会計発覚はいつ?株主はだまされた気分!

東芝のイメージがかなり、寒い状態ですが、諸々の発覚が、
なんだかいつも遅いように思います。
株主がその状態を知るころには、すでに火だるま状態。
原発問題も2016年の年の瀬に突然、ごめんね!原発やばいかもって感じ。。
株価急落。その後もやばいかもの損失額がガンガン増えていく。。状態。
株主からしたら、たまったもんじゃないですよね!
不安満載の年越しをさせられるは、年明けも挽回策見えてこないは状態。。

そんな中、不正会計損害!信託銀が提訴へ!というニュース。。
これは2015年に発覚した東芝の不正会計問題を巡って、株価暴落で資産が
目減りした!という事で、三菱UFJ信託銀行など複数の信託銀行が
東芝に対して損害賠償請求訴訟の準備をしているとのこと。
株主としては、本当に腹立たしく、こういう話が出てきてもおかしくないですね。

事業の見通しも二転三転するし、東芝の発表をどれだけ信用したらいいの?ってなります。
事業の不調は、百歩譲ったとしても、不正会計というのは、
さすがにしょっぱすぎますね。。。
不正された数字なのであれば、株主は判断できないないですよね。
それを、後から、ゴメンね?数字おかしかった。とか言われても。。。

三菱UFJ信託銀行など複数の信託銀行とかは損害賠償請求訴訟とかできて、
羨ましいですが、問題は個人ですよね!
信託銀行等に比べたら個人の額なんて、誤差程度みたいなものかも知れませんが、
その個人にとっては、死活問題レベルである可能性もあります。
だけど、個人でおいそれと損害賠償請求訴訟とかできないですよね。
これは、本当に腹立たしいです。

 

東芝2017年株価は?

2017年東芝の株価がどうなるかは、まったく、わかりませんが
今の状況では、普通に考えると下げ基調ですよね。
でも、3月なんとか無事乗り切れる!とかなれば、
急反発あるかもしれないですね。
それは、どうなるかは分からないです。

予想はできないですが、せめて明るい見通しを見せてほしいです。
個人株主としては、いまの状況非常に困っちゃいますよね。
株主総会でうっぷん晴らしでもさせてもらいたい気分になっちゃいます。
とにかく、株価戻せ!って言いたくなっちゃいます。

株はこういうことがあるから、怖いです。

 

Sponsored Link

 

株よりもFXのほうがやりやすい。

今回のような東芝問題をみてると、株は怖い、
FXの方が圧倒的にやりやすいとつくづく思います。
長年サラリーマンの傍らで、株とFXやってきましたが、
もし今、東芝の株持ってたら、心配で眠れないし、
ニュースが気になって仕方ない状況になっちゃいますね。

私も、自分の持ってる株は大丈夫だ!という安心材料を朝かな晩まで
血眼になって探すという行動をひたすら、やってました。
でも、これは疲れるだけで、勝てるようになりませんでした。
塩漬け決め込んで、いいことあったという記憶がないです。
やばいと思いつつも、安心材料探して自分に言い聞かせ、塩づけしがちになります。

これは、実際の損と失敗というのを、受け入れられないんですね。
人間の感情としては、普通だと思います。
なので、東芝勘弁してくれ、ええ加減にしろ!とか言いたくなるんです。
ただ、そんなことをテレビの前で唸っても、株価は思う方向になかなか
動かないことは、日常茶飯事です。
サクッと損切して!はい次!っていう感じに、なかなかなれないと思います。

だから、自動売買がいいとつくづく思います。
FXであれば自動売買できます。投資対象が通貨です。
株のように投資対象が企業ではないので、万が一の可能性が圧倒的に低いです。
つまり、今回の東芝のような局面では、ナンピンをガンガンいれて行けます!
投資対象が企業で、しかもこんな状況であれば、
ナンピンなんて怖くて、もってのほか状態ですよね。

ここがFXの方が圧倒的にやりやすいところなのです。
FXであればこの局面、ナンピン、ガンガン入れて平均買コスト下げて、
吹き値で売り抜ける!この一連の処理を自動でやってくれます。
さらに、反対側で売りのロジックをセットも出来ます。
ダラダラ、右肩下がりのチャート、ガンガンナンピン拭き値待ちの作戦と合わせて、
反対側で売りのロジック動かせば、右肩下がりのだるいチャートでも、売りのロジックが
その、だるい期間で、ガンガン稼いでくれます!

株とは違って、売りからも簡単には入れるのです。ついでに両建ても出来ます。
株は信用取引では売りからも入れますが、一般的ではなく、
サラリーマンの傍らレベルでは、基本的に買いから入る人がほとんどだと思います。
FXの場合は両方から入れますので、景気の良い悪い関係ないのです。
どっちでもいいのです。さらに個別の企業の業績なんてどうでもよくなります。
この点も圧倒的にFXの方がやりやすい点です。

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:東芝の決算発表延期はなぜ?2017年株価はどうなる?倒産の可能性は?
関連記事:東芝2017年決算発表日はいつ?株価と評価の予想は?倒産の可能性は?

東芝関連の記事です!

 

 

まとめ

東芝!原発・不正会計発覚はいつ?株主はだまされた気分!2017年の株価は?まとめ

■東芝!原発・不正会計発覚はいつ?株主はだまされた気分!
⇒個人投資家が一番つらい。腹立たしいと思います。

■東芝2017年株価は?
⇒わかりません。

■株よりもFXのほうがやりやすい。
⇒今回の東芝パターンみてて、つくづくFXのほうがやりやすいと思う。

個人株主としては、本当に腹立たしい状況です。
サクッと損切!はい次!ってなかなか出来ないと思いますが、
別の手法も研究する、いい機会ととらえて前向きに考えるのもありかと思います。

最終的な投資判断は自己責任でお願いしますね!
一応お決まり文言書いてますが、このサイトではFX自動売買のいろはを、
あげていきますので興味あれば覗いてくださいね!

私の株・FXでの血みどろ体験からの感想と手法が参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link