東芝株価の今後は?2017年の倒産上場廃止の可能性・社員の退職金は?の記事です。

2017年明けて早々、トランプが騒がしいですが、ひそかに東芝も騒がしいです。
一体、東芝になにが起こっているのでしょうか?
気になったので調べてみた感想です。

 

Sponsored Link

 

東芝に何が起こってるの?

2016年、年末に米国の原発事業で巨額損失を計上する見通しになった東芝が
かなり騒がしい状態になっていたが、2017年年明け、主力銀行支援継続OK!
ということで、直近落ち着いていた。

しかし、1月19日
「東芝融資継続に一部銀行難色 経営再建への疑念」
というニュースがさりげなく登場。。衝撃的なタイトル。。内容は

一部の取引銀行が融資を引き揚げる可能性が出てきたことが18日、分かったようです。
主力行は2月末まで融資を継続する意向だが、
東芝の経営再建についての疑念は銀行団で根強い。
各行は23日が回答期限の融資継続の要請を慎重に検討しているが、
不信感を抱く銀行団の“東芝離れ”が広がれば、深刻な危機に陥ることになる。
銀行団は決して“一枚岩”ではないようです。

平たく言うとババ抜き状態みないな感じ。。。

東芝は主力のフラッシュメモリーを含む半導体事業の分社化を検討!
「虎の子」の事業で自助努力をする姿勢を銀行団にアピールし中のようです!
ただ、一時的に危機を回避できても、その後も支援を受けるためには、
追加のリストラなどが必要のようです。。。

これはかなり、よろしくない状態のようです。
まさか、こんな大手が目先の資金のやりくりで難儀してる状態なんて
一昔では、信じられないレベルの話です。でも最近はよく聞く話です。
世の中の、いろいろな変動が激しくなってると思います。

つまり、見通しがたてにくいことが多すぎるように思います。
トヨタぐらいなら、安心感はありますが、そのトヨタでもトランプのツイッターで
めんどくさい対応しないといけない時代です。。

 

東芝株価の今後は?2017年の倒産上場廃止の可能性は?

目先の資金のやりくりで難儀しているって、ひょっとしてかなりやばいのでは?
まさかの上場廃止、倒産はないと信じたいですが、なんともわからないです。
株価は普通に考えると下がるでしょう。
でも、銀行が2月以降も継続支援OK!とか
踏み上げとかで一気に切り返すかもしれませんし、
今後株価がどうなるかは、さっぱりわかりません!

ただ、こういう暴落時は手を出さないほうが無難かと思います!
私も昔、こういう暴落株をみんなが売ってるときに買うからチャンスなんだぜ!
とか鼻息荒く唱えながらチャレンジしました。
一見男前な作戦のように見えますが、
わざわざ危なっかしい銘柄に突っ込むとことないですよね。

私はこのパターンで突っ込んで、儲けた記憶はないです。
ロクなオチにならないという印象しかないです。
相場っていうのは、行くときは、これでもか!っていうぐらい行ったりします!
株の怖いところは、全部ぶっ飛ぶ可能性はあるところです。
なのでナンピンとかご法度な作戦と言われます。
たしかにナンピンは傷口をさらに広げる可能性ありますね。

 

東芝株価の今後は?万が一の時、社員の退職金は?

万が一がないことを信じてますが、絶対に絶対はないので。
もし、そうなった場合、社員の退職金がまともに出るのか、心配ですよね。。
これは、よく退職金は別で管理してるから大丈夫と聞きます。
でも、多少の影響が出るかもしれないですし、下手したら会社によって
違うのかもしれませんので、今のうちに、探っておくほうが無難ですね。

万が一会社が飛んで、さらに持ち株もやってて、退職金もまともにでない!
とかなったら冗談ではないレベルの死活問題ですよね!
この状況、個人的には、もし希望退職の募集が出て、割り増しで退職金がもらえるなら、
率先して脱出する道を選びます。
でも、普通はいろいろ事情があり、そんなに簡単に決められるものではないですよね。

なので常日頃から、一部上場一生安泰、終身雇用バンザイとか思わず、
つぶしがきくように、いろいろ探っておくようにしておくべきかと思います。
このご時世会社に全力依存で一生安泰!
はもうないと思っておいた方がいいと思います。

 

Sponsored Link

 

株と為替取引FXどちらがいいのか?こういう時に思う事

今回の東芝のゴタゴタ状態をみて、つくづく思うのは、株は怖いという事です。
私も散々株やりましたが、株は万が一があるから怖いんです。
しかし、為替取引FXの場合、例えばドル円、
大きな変動はあるかもしれませんがゼロになることは考えにくいですよね。

どちらかの国がぶっ飛ぶことがあるのかもしれませんが、ほぼ考えられないですよね!
だから、ナンピンが有効なんです!
株では、会社が飛んだらアウトなのでナンピンはご法度扱いです。
そこに大きな違いがあります。

なのでナンピンは、FXでは非常に有効な手法です。
さらにレバレッジが使えるので、ナンピンをやりやすいのです。
例えば、今回の東芝下落をナンピンで追いかける場合、
株では軍資金が必要です。

ミニ株で刻んでも、大したナンピンを入れられないです。
軍資金があれば、別ですが、普通ナンピンの度に軍資金の準備がつらくなります。
しかも、万が一がなきにしもあらずというところが非常にデンジャーです。
ところが、FXの場合はナンピン50本とか100本とか
レバレッジ使えば簡単に入れられます。

しかも万が一のレベルが株に比べ非常に確率が低い。
これはつまり、予想を50回、100回外してもチャンスがあるという状態なのです!

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:東芝社員の年収200万円減?今後の給料・ボーナスどうなる?ローン払える?

関連記事:東芝は2017年リストラする?社員のボーナスは減給?サザエさんは

関連記事:東芝の2017年リストラはある?社員は今後どうなる?情報こず不安

関連記事:東芝2017年倒産の可能性は?社員のリストラはあるの再就職できる?

関連記事:東芝赤字額1兆円超!原因は原発ウェスチングハウスの破産!株価の影響は

東芝関連の記事です!

 

まとめ

今回は『東芝株価の今後は?2017年の倒産上場廃止の可能性・社員の退職金は?』についてお届けしました。

まとめます!

■東芝に何が起こってるの?
⇒目先の資金で難儀している状態、そこを凌いでも、その先がまだ見えない状態。

■東芝株価の今後は?2017年の倒産上場廃止の可能性は?
⇒わかりません。

■東芝株価の今後は?万が一の時、社員の退職金は?
⇒わかりません。今のうちに探っておくべき。

■株と為替取引FXどちらがいいのか?こういう時に思う事
⇒FXの方が圧倒的にやりやすい。

株には、今回の東芝のような事が、起こりうるリスクが常に付きまとっています。
FXの場合はレバレッジを使ってナンピン作戦取れますので、圧倒的にやりやすいです。

 

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:FX(為替)と株はどっちが勝てる?違いの比較を簡単にわかりやすく!

FXと株どちらが有利なのかの比較です。

 

このサイト『FX逆襲のアラフォー』では、FX自動売買で稼ぐ方法を説明していきますので、興味があれば覗いてくださいね!

最終的は投資判断は自己責任でお願いします!一応お決まりの文言書いてますが、私の株での血みどろ体験からの感想・FX自動売買のやり方が参考になれば幸いです。

 

 

Sponsored Link