タカタ民事再生法申請の準備に入ったというのが目に飛び込んできました。

今後の株価はどうなるのか心配です。

また、連想で東芝とかへの影響はないのかも心配です。

今回はタカタ民事再生法申請による今後の株価が心配についてお届けします。

 

Sponsored Link

 

タカタ民事再生法

いきなり、インパクトのある「タカタ民事再生法」という文字が目に飛び込んできました。

内容は

タカタが民事再生法の適用を東京地裁に申請する方向で準備に入った。

負債総額は1兆円超とみられ、タカタは事業を継続しながら裁判所の管理下で再建を図ることになる。

というもの。

エアバックのリコール云々の影響で、ついにこうなっちゃったって感じですね。

 

 

 

 

タカタ民事再生法で今後の株価はどうなるの?

このネタで真っ先に気になるのがタカタの株価ですね。

早速チェックしてみたところ売り物が殺到しているようで、6月16日前場寄り付いてないようです。

普通こうなるでしょうね。

ついでに、直近の株価の推移は以下

横這いでそれなりに推移していたようですね。

やばいという話は前々から出ていたのに、それなりに株価が横這いで推移していたというのが意味不明。

これが株の難しいところですね。

会社の状態が、かなりヤバい状態でも、なぜか株価は右肩下がり一直線とかではなく、変に頑張ったり下げ止まったり、するから不思議ですね。

しかし、株主はたまったもんじゃないですね。

いつものように朝起きて株価チェックしたら、売り一色で、寄り付かず状態。。ってなったら、その日は仕事なんかやる気にならないですね。。

どうしよう?ってなると思います。

私が大昔、ソフトバン株で有頂天になっていたころ、ITバブル崩壊で一気反転、大暴落したときは、売り一色で寄り付かずが何日も続きました。まさに地獄。

その時の私は、こんな下げ一時的なものだぜ!ソフトバンクの将来性、IT革命のすばらしさ分かってるの君たち!むしろ追加で仕込むチャンスだぜ!と鼻息荒く語ってました。

しかし、株価はこれでもか!というぐらいガンガン下がっていきました。

さすがに鼻息荒く語っていた私も、もう駄目だとなり証券会社に「売って」と電話しました。。

その時に言われたのが、買いがないので売れません。。。。。

これを聞いたときの私は、こうなったらソフトバンクと地獄の果てまで付き合うぜ!

となり、その日の売りをやめました。

その後も、元気よく下げてまくっていきました。。

今思えば、全力で成り行きの売りを入れておけば、よかったと思います。

 

血みどろ体験談はこちら。

FX・株取引で破産寸前!大損や失敗の体験談まとめ!借金地獄で大車輪

 

今回のタカタはどうなるのかわかりませんが、損切りでもなんでも、変に感情的にならずに、機械的に処理した方がいいと思います。

 

Sponsored Link

 

東芝とかへの影響は大丈夫?

このタカタの件で、連想的に心配になってしまうのが、東芝です。

東芝も大騒ぎでしたが、東証の忖度がはいっているのか、今現在もしれっと上場維持してます。

ちなみに直近の株価は以下

よくわかりませんが、なぜか上昇してます。

これが株の難しいところですね。

しかし、一番怖いのが、今回のタカタのような突然、朝起きたら売り一色という状態。

これが、いつ起きるのかなんて分からない。

なので、株はやはり、やらないほうがいいと思います。

特に、この手のヤバそうな銘柄には手を出さないほうがいいと思います。

やるのであれば、シャープの様な復活劇を信じて、ダメもとで、最悪ドブに捨ててもいいという軍資金で、長期覚悟で放置作戦ということぐらいでしょう。

 

なにが言いたいのかと言いますと、株よりFX自動売買のほうがいいという事です。

 

考え方はこちらご参考

FX(為替)と株はどっちが勝てる?違いの比較を簡単にわかりやすく!

 

 

 

まとめ

今回は、タカタ民事再生法申請による今後の株価が心配ということについてお届けしました。

まとめます。

■タカタ民事再生法
⇒売り一色

■タカタ民事再生法で今後の株価はどうなるの?
⇒普通、下がる

■東芝とかへの影響は大丈夫?
⇒心配

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:タカタの株価!2017年今後どうなる?見通しと予想は?ストップ安する?

関連記事:タカタの株が売れない!気配は特売りだけど株価はいくらで寄り付くの?

タカタ関連の記事です。

 

人間の感情・煩悩が絡む株取引は本当に難しいと思います。

もし今、タカタ株をもっていたら、仕事なんぞやってる場合ではなく、ニュースを血眼になって追いかけ回し、スマホで株価更新ボタン押しまくり、最後は血みどろの掲示板を呆然と眺めるという状態だと思います。

さらに寄りつけ寄り付け!と呪文を唱えているパターンですね。私が株をやっていたころは、いつもこんなことをしてました。

結果は疲弊するだけでロクなオチにならなかったです。

 

 

 

 

Sponsored Link