孫正義のプレゼンテーション手法を販売という話題が気になりました。

これからの就活や未来の子どもにも必要性が高いスキルのように思います。

ソフトバンクが“孫社長流プレゼン手法”を販売するという発想もおもしろい。

私は、ソフトバンクの株で超ビギナーズラックを味わったので、ソフトバンクと孫正義というワードが目についてしまう。

今回のこの話題も気になり調べてみた感想です。

 

Sponsored Link

 

孫正義プレゼンテーション能力向上の手法!販売って?

ソフトバンクが孫社長流プレゼン手法販売!というのが目につきました。

内容は、

ソフトバンクが2017年度から、孫正義・ソフトバンクグループ社長のプレゼンテーションのノウハウを外部企業に販売するというもの。

こういうのをソフトバンクが販売するというところがおもしろい。

プレゼン手法などを教える社内研修で講師役を務めるソフトバンクの社員が外部企業に出向いて説明し、収益化を図るとともに講師力の底上げも狙う。

一石二鳥って感じ。

外販するのは、内製化したノウハウで「ソフトバンクの研修を知りたい」という要望を受けて16年度に外部企業に試験的に実施していて、17年度は年間の売り上げ目標も設定した上で、教材も一新して本格的に始めるようです。

こういうのを売り物にする、発想がいいですね!

今のご時世、物を作って売っても儲けるのが難しい時代。こういうノウハウとかコンテンツを販売するほうが、圧倒的に稼ぎやすいのかもしれないですね。

しかも、工場動かしたり、材料仕入れたり、在庫リスク、新興国との泥仕合とか、そんな血みどろのリスクも少ないですね。

 

 

 

 

プレゼンテーション能力!就活や子どもへの必要性は

プレゼンの能力はこれから、とても重要なスキルだと思います。

就活でも自分を最大限アピールできるか非常に重要ですよね。

子どもにも、どんどん定着させていくべきものだと思います。

アップルの新製品発表とかのプレゼンは見ごたえありますよね。中国の若い携帯会社のプレゼンも今やアップルのような形でやってます。

もはやエンターテイナー的な状態です。

世界で戦うには、これが普通でないといけない状態なのでしょう!

 

 

 

ITバブル崩壊直後の孫正義!血みどろ体験談

ソフトバンの孫正義と聞くと、常にITバルブの頃の夢心地の体験を思い出してしまいます。私は、株を始めたころソフトバンクで一発成金になりかけていました。

関連記事;FX・株取引で破産寸前!大損や失敗の体験談まとめ!借金地獄で大車輪
その体験談は、くどいぐらいこのサイトでやってますので、この記事参考にしてください。

今回は、そのころのソフトバンク、孫正義とは、どういうものだったのか紹介しますね。ITバブル全盛期、ヤフー株が壮絶な急上昇を続けていました。その親会社が孫正義のソフトバンクでした!

ヤフー株を追いかけるように急上昇を始めた、ソフトバンク株をガッツリ持っていたので、

私からすれば孫正義は神様のようなものでした!

いろんな、本も出してましたし、私もいろいろ読みました。ソフトバンク万歳!これからはITの時代だ!NTTが牛耳ってる時代遅れのISDNぶっ壊せ!

日本経済の成長の足を引っ張るつまらん規制なんぞ取っ払え!と必死に応援してました。そのころの孫正義は一気に有名人でマスコミも天才扱いでした。

しかし、ITバブルが崩壊したとたん。。

私は、みんな何うろたえてるんだ、むしろ安く夢を買えるチャンスだぜ!と吠えてました。

しかし、一旦ITバブル崩壊の流れが始まると、マスコミはおもしろおかしく、孫正義をペテン師扱いしていきました。大風呂敷がどうのこうの、流説の流布がどうのうこうの状態。

ソフトバンクって実態のない会社だよねとか、そんな感じでした。

実態のない会社、その実態ってなにか物づくりして儲けいているような会社を指しているのかなんなのかは、わかりませんが、企業に投資して成長していくスタイルを日本は眉唾、邪道としか扱わなかったんですね。

だから、この状態でソフトバンクの孫正義が何を語っても大風呂敷、ペテン師状態です。

私は、株を持っていたの、とても悔しい思いをしました。

直接的にはたっぷりあったソフトバンク株の含み益がほぼ壊滅状態になったことはもちろん悔しかったですが、孫正義のやってることを、理解できない当時のマスコミ、日本の風潮が嫌いでした。

でも今になって、ソフトバンクが孫社長流プレゼン手法を販売する時代、つまりニーズがあるという状態になったことを非常にうれしく思います。

もうソフトバンク株は必要に迫られ、売ってしまいましたが、ソフトバンクと孫正義は応援していきたいです!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『孫正義プレゼンテーション能力向上の手法!就活や子どもへの必要性は』についてお届けしました。

まとめます。

■孫正義プレゼンテーション能力向上の手法!販売って?
⇒孫正義・ソフトバンクグループ社長のプレゼンテーションのノウハウを外部企業に販売するというもの。

■プレゼンテーション能力!就活や子どもへの必要性は
⇒これからの時代、必須スキル

■ITバブル崩壊直後の孫正義!血みどろ体験談
⇒ペテン師扱いされていたことが悔しい。

孫正義プレゼンテーション能力向上の手法ってとても為になるものだと思います!就活や子どもへの必要性もあり、小学校の授業とかにもなっていけばいいと思います。

ITバブル崩壊時の孫正義はペテン師扱いで、株では悔しいおもいをしましたが、今になって、こういう状態になったことが本当にうれしい。

 

☆★血みどろ体験談もどうぞ★☆

関連記事:FX・株取引で破産寸前!大損や失敗の体験談まとめ!借金地獄で大車輪

関連記事:自動売買必須ツール

株・FXの血みどろ体験談から最終的にFX自動売買に辿り着いた経緯とFX自動売買の具体的なやり方です。

 

このサイト『FX逆襲のアラフォー』では、FX自動売買で稼ぐ方法を説明していきますので、興味があれば覗いてくださいね!

最終的な投資判断は自己責任でお願いします!一応お決まりの文言書いてますが、私の株での血みどろ体験からの感想・FX自動売買のやり方が参考になれば幸いです。

 

 

 

Sponsored Link