朴大統領が罷免となりました。

という事は、韓国の大統領選挙がいついつ頃で有力な候補者は誰なのか、つまり次期大統領が誰になるのか気になります。

また、この韓国大統領選挙が日本はもとより世界への影響も気になります。

日本との関係、為替、株価も心配でどう対処すべきか、その辺調べてみた感想です。

 

Sponsored Link

 

韓国大統領選挙2017年はいつごろで有力な候補者は誰?

 

 

韓国憲法裁判所は10日午前、朴大統領の罷免を認める決定を言い渡しました。

これにより、60日以内に大統領選挙が行われることになります。

投開票日は

5月9日

が有力視されています。

韓国は一気に選挙モードになりますが、次期大統領の候補者、有力なのは誰なのか気になり調べました。

今回の弾劾を主導した最大野党「共に民主党」の野党優位に進む模様で有力な候補者はこの「共に民主党」の前代表である

 

文在寅(ムン・ジェイン)前代表

が有力なようです。

 

 

 

 

 

日本や世界経済・為替、株価等への影響は?

 

有力な候補者である文在寅(ムン・ジェイン)前代表とは、

ズバリ日本にとってはややこしいようです。

日韓外交は難しい局面に入ると予想されています。。これは厄介ですね。

さらに、当面韓国はゴタゴタしそうです。

そのゴタゴタの間に北朝鮮とか何かやらかさないか心配です。

俗に言う、地政学的リスクですね。

この不安は大きくなると、ちょっと怖いですね。

また為替もウォンが大きく動いたりしそうで不気味です。

ちなみに、朴大統領が罷免となった、本日3月10日の相場は、このニュースの影響はほとんどないようです。円安方向で日経平均もガッツリ上がってます。

しかしながら、

全体的に韓国が落ち着くまで、少し怖い気がします。

 

株・為替取引はそうすればいいの?

株をやってると、こういう話題がイチイチ気になりますよね!でも気にしても、どう動いていいのかわからないですよね。

なので、この手のニュースを基に株をやるとかは、やめた方がいいと思います。

例えば韓国の大統領選で誰々が当選したら、円高、株安に絶対なるぜ!とか予想して仕込むとかはやらないほうがいいと思います。変動要素が多すぎて、予想なんて出来ないからです。

つまり予想建てて取引するより、予想なんか外れることを前提に仕込んで、その仕込んだポジションをどう処理するかを追及した方がいいと思います。

それを人間の感情・煩悩に邪魔されない、自動売買でやるのが一番いいと思います。サラリーマンの傍らレベルでの株の裁量取引では、今回のようなニュース気になりますが、気になるだけで、気分に反応して取引なんて出来ないですよね。迷うだけです。

なのでFXで自動売買が一番いいです。FXであれば自動売買できますし、レバレッジも使えますので、リスク分散を徹底的にできますので、この手のニュースもほぼほぼ無視でOK、放置で勝手に売り買いの取引を何一つ文句言わずにやってくれます!

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回は『韓国大統領選挙2017年はいつごろで有力な候補者は誰?日本の影響は』についてお届けしました。

まとめます。

■韓国大統領選挙2017年はいつごろで有力な候補者は誰?
⇒投開票日は5月9日が有力視されています。有力な候補者は文在寅(ムン・ジェイン)前代表

■日本や世界経済・為替、株価等への影響は?
⇒地政学的リスクが心配

■株・為替取引はそうすればいいの?
⇒株はやらずにFX自動売買がいいと思います。

韓国大統領選挙2017年はいつごろなのか、また有力な候補者は誰なのか調べてみて思う事は、ちょっと地政学的リスクが怖いと感じます。日本はもとより、世界への影響も、諸々ありそうです。

このサイト『FX逆襲のアラフォー』では、FX自動売買で稼ぐ方法を説明していきますので、興味があれば覗いてくださいね!

最終的は投資判断は自己責任でお願いします!
一応お決まりの文言書いてますが、私の株での血みどろ体験からの感想・FX自動売買のやり方が参考になれば幸いです。

 

 

Sponsored Link